【じぶんジカン選書】日常から離れて物思いに耽るのに、おすすめな純文学の本3冊

こんにちは。じぶんジカンの岡本です。

月に1回、岡本が「じぶんジカンユーザーさんにおすすめしたい本」をご紹介していくコラム。

今回は物思いに耽るのにピッタリの純文学を3冊、選んでみました。

雨の多い6月は、読書で自分の思考を深めるのも良いものだと思います。

雨の日は、家でいつもより考えさせられる作品に触れてみるのも良いかもしれません。読みやすく自分の思考を深められそうな純文学作品をご紹介します。

【今回ご紹介する3冊】
1)山の音(川端康成)
2)沈黙(遠藤周作)
3)友情(武者小路実篤)

もくじ

行間を読む、日本文学の魅力が詰まった1冊

最初にご紹介するのは、高い芸術性に心が動かされる1冊です。

著:川端康成
¥671 (2022/06/17 10:59時点 | Amazon調べ)

老人の心の揺れ動きを軸とした、芸術的な作品

既に迫っている「死」を身近に感じながらも、憧れた人を忘れられない老人・信吾。

その想いが妻に、娘に、そして息子の妻に形を変えてぶつかっていきます。

全てを語らない絶妙な文体が、物語全体に色気と芸術性をもたらしています。まさに「行間を読む」という日本文学の魅力が詰まった作品です。

最近、アートに触れていないなあという方におすすめです

日々の生活をこなしていると、どうしても感動する場面に出くわすことが少ない気がします。

心が渇いてきたなというときは、読書で芸術を感じるのも良いかもしれません。

この作品は読みやすく、とても美しい文体なので、きっと心が潤っていくと思います。

曖昧さに、芸術は宿る

「ハッキリすること」が良しとされる世の中だと思うのですが、この作品のように、曖昧で不明確なことも日本らしくて良いなと思います。

白黒つけたがる世界がなんだか居心地悪いなあと感じたら、ちょっとこの本の中に、戻ってきたいですね。

信仰とは、強さとは。考えることが、止まらない作品

次は自分の価値観について考えさせられる1冊。

著:遠藤周作
¥544 (2022/06/17 11:04時点 | Amazon調べ)

神よ、なぜあなたは黙っているのか?

キリスト教が弾圧を受けた江戸時代初期。

ポルトガルからキリスト教の根を絶やさないために、日本に上陸した司祭ロドリゴ。

かつての師フェレイラの棄教、拷問を受け、殉教していく農民の信者たち。絶望の中でロドリゴが理解した神とは。

宗教という壮大なテーマを描きながら、人の強さと弱さ、価値観についてグッと考えさせられる1冊です。

考えることが好きな方に、おすすめです

馴染みのない人も多いであろう宗教がテーマであり、人により答えの異なる価値観が剥き出しになる作品なので、日々考えることが好きだったりする方には、おすすめです。

きっと思考がフル回転し、読書にどっぷり浸かる時間を過ごすことができると思います。

壮大なテーマの割りに、読みやすいのもこの本の魅力だと思います。

信じるものは、他でもない自分が決める

人と違っていても、人からバカにされたとしても、自分が「こう思う」と信じて進むことが、とても大切なのだと感じました。

私は宗教に馴染みのない人間ですが、キリスト教を信じ、それに葛藤していくロドリゴの姿を見て、信じることについて、とても考えさせられました。

友情か恋愛か、普遍のテーマを扱った純文学の代表作

最後は純文学の入門書としておすすめな1冊をご紹介します。

著:武者小路 実篤
¥572 (2022/06/17 11:10時点 | Amazon調べ)

時代を経ても色褪せない、友情と恋愛をテーマにした作品

厚い友情で結ばれている男性2人が、同じ女性を愛してしまう。

友情を取るか、恋愛を取るかの狭間で葛藤していきます。

今の時代でも共感できる「永遠のテーマ」を著者の武者小路実篤が、明るく爽やかに描いています。

日常の雑念から「あっという間」に読書の世界へ

文章量が少なく、純文学特有の「暗さ」のようなものもないので、とても読みやすいと思います。

ちょっと日常に疲れを感じたときの、静かな夜や、休日の昼下がりのおともにどうぞ。

実直さが、その人の魅力となる

どの登場人物も葛藤を抱いていますが、全員が「真っ直ぐ」です。

それがその人の魅力として滲みでているのだと思います。

実直さ、素直であることを自分も大切にしたい、そう感じました。

梅雨の6月は、「純文学の似合う月」のような気がします

「晴耕雨読」ではないですが、6月は雨も多くじめじめしていて、なんとなく純文学や難しめの本など物思いに耽る本を手に取りがちです。

晴耕雨読という言葉に引っ張られているような気もしますが……(笑)。

みなさまも、良い読書時間を。

著:川端康成
¥671 (2022/06/17 10:59時点 | Amazon調べ)
著:遠藤周作
¥544 (2022/06/17 11:04時点 | Amazon調べ)
著:武者小路 実篤
¥572 (2022/06/17 11:10時点 | Amazon調べ)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

記事をシェアする

この記事を書いた人

じぶんジカンのショップ担当。主に製本や進行管理を担当しています。1989年生まれ、千葉県出身。大学卒業後文房具メーカーへ就職。その後、人材会社でのキャリアカウンセラーやレジャー施設の人事を経て、現在はキャリアコンサルタント(国家資格)として大学や企業の就活や採用支援と、じぶんジカン業の複業です。

もくじ